パンプス「痛くない」サイズや形の選び方

パンプスはかわいらしく、足がきれいに見えるのでおしゃれをしたい時にとても役立つアイテムですよね。

 

しかしパンプスを長時間履いて、足が痛くなった経験はありませんか?

足の痛みや靴ずれを気にしていると、せっかくのお出かけが台無しですよね。

 

実は、足の痛む部分によって原因や解消法が違うのです。

こちらの記事ではパンプスが痛くなる原因や、痛くないパンプスを選ぶ時の4つのポイントを 解説していきます。

 

 

パンプスが痛くなる原因とは

 

かわいらしく、足元を美しく見せるおしゃれなパンプス。

お仕事中はもちろん、お出かけにも気軽に履いていきたいですよね。

しかし長時間履いているとすぐに靴ずれが起きたり、関節が傷んだりなどトラブルが発生しやすいのも事実。

なかなか気軽に履いて出かけられないという方も多いと思います。

 

パンプスが痛くなる原因は、大きく分けて3つほど挙げられます。

1つ目は「つま先の形があっていない場合」、2つ目は「かかとの形があっていない場合」、3つ目は「足幅と素材の影響で足裏が痛い場合」です。

パンプスを選ぶ時にサイズだけに注目していませんか?

圧迫感だけに着目してゆとりのありすぎる大きなパンプスを選んでしまうと、むしろ足に負担がかかり、足裏の痛みや外反母趾の原因となる可能性があります。

 

ここからはパンプスが痛くなる原因について、具体例を挙げながら解説していきます。

 

 

つま先の形があっていない場合

 

Kesou|つま先の形が合っていない場合

 

まずは1つ目の原因「つま先の形があっていない場合」について詳しく解説していきます。

 

フィットしているサイズのパンプスを履いていても足が痛くなってしまう場合は、足の形と靴の形があっていないのが原因かもしれません。

 

パンプスのつま先の部分「トゥ」にはさまざまな種類の形があることをご存知でしょうか。

つま先の中央が尖っている「ポインテッドトゥ」や、足の内側を頂点にして緩く斜めのラインを描く「オブリークトゥ」、横一直線に近いラインを描く「スクエアトゥ」などさまざまな形のトゥがあります。

このトゥの形とつま先の形の相性が悪いと、ゆとりのあるサイズのパンプスを購入しても痛くなりやすい傾向が。

 

つま先の形というのは、大まかに3種類に分けられます。

親指が一番長く、小指に向かって順に短くなっていく「エジプト型」。

人差し指が一番長い「ギリシャ型」。

指の長さがすべてほぼ同じ「スクエア型」。

 

日本人にはエジプト型のつま先が一番多いとされています。

エジプト型のつま先はほとんど全てのトゥデザインと相性が良いとされていますが、特に相性が良いのはラウンドトゥパンプスやアーモンドトゥパンプス、オブリークトゥパンプスです。

緩やかなカーブを描く丸みを帯びた形は、エジプト型のつま先に優しくフィットし、体重をバランスよく分散してくれます。

つま先全体に負担がかかりにくく、ぽってりとした可愛らしいデザインが特徴です。

 

 

ギリシャ型のつま先と相性が良いのはポインテッドトゥパンプスです。

ポインテッドトゥは一見痛そうに感じますが、足の中央部分が尖っているデザインは一番長い人差し指を圧迫しないのでギリシャ型のつま先にぴったりフィットします。

スタイリッシュな形で、カジュアルなコーディネートはもちろん、フォーマルな場でもしっくりくる万能なデザインです。

ギリシャ型の方がぴったりとしたサイズのパンプスを履くと、人差し指に体重がかかりやすくなるため、つま先に長さがあるデザインのものがオススメ。

 

スクエア型のつま先と相性が良いのはスクエアトゥパンプスです。

角張ったスタイルのスクエアトゥは、かわいさの中にかっこよさを備えているクールなデザイン。

つま先と同じく、指のラインが横一直線なので親指や小指を圧迫せずに履くことができます。

スクエア型の方がポインテッドトゥパンプスを履くと、特に親指と小指が圧迫されてしまい、外反母趾や靴ずれの原因になってしまうことも。

外反母趾になってしまうと、なかなか相性のよいパンプスを見つけづらくなるので、フィット感の高いものを履いて予防するのがオススメです。

 

パンプスを購入する前に自分の爪先の形を確認して、相性のよいトゥデザインを試着してみましょう。

 

 

かかとの形があっていない場合

 

Kesou|かかとが合っていない場合

 

2つ目の原因「かかとの形があっていない場合」について解説していきます。

 

試着の時点で「きついパンプスよりも緩めのパンプスがラク」「靴ずれの心配をしたくないから、かかとにゆとりを持たせよう」と感じて、かかとが緩いパンプスを選んでいませんか?

 

少し歩くだけですぐにかかと部分が外れて脱げてしまったり、圧迫されている感覚がある場合は、かかとの形とパンプスの形状があっていません。

 

かかとが緩いと脱げるのを防止するために普段と違う歩き方になり、足全体に負担がかかって痛みを感じるようになってしまいます。

靴が脱げそうになると足に指に力を入れて歩くため、表面的な痛みだけでなく、関節の炎症を起こしてしまう可能性も。

 

逆にきつすぎるパンプスを履いていても、歩くたびにかかとが擦れて靴ずれが起きてしまいます。

靴ずれを避けようとして普段と違う部分に圧力がかかり、つま先や足裏が痛む原因に。

 

かかと部分のフィット感は、実際に試着して念入りに確認するのがオススメです。

数歩ほど歩いたり、しゃがんでみたりして、かかとが外れないことや圧迫感がないことをチェックしてみてくださいね。

 

もし、かかとが外れやすい大きめのパンプスを購入してしまったという方がいらっしゃいましたら、厚めのクッション素材のかかとパッドを使用してパンプスと、かかと部分の隙間を埋めてあげましょう。

かかとがフィットするパンプスだと摩擦による靴ずれが心配な方も多いと思いますが、かかとパッドを使用することで靴ずれも防止できます。

余分な隙間を埋めることで、歩くたびに脱げてしまう現象が起きづらく、歩きやすいパンプスに加工することができますよ。

 

かかとパッドを装着していても脱げるのが心配な方は、ストラップを付けてみてくださいね。

華やかなデザインのストラップを付ければ、イメージチェンジを図ることができます。

透明なストラップなら目立たないので、どんなデザインのパンプスにも装着が可能です。

 

 

足幅と素材の影響で足裏が痛い場合

 

Kesou|足幅と素材の影響で足裏が痛い場合

 

3つ目「足幅と素材の影響で足裏が痛い場合」について解説していきます。

硬い素材で作られたパンプスは、フィット感が少なく、摩擦による痛みを強く感じることも。

エナメル素材やレザー系で作られたパンプスは、履き心地が硬いのが難点と言えます。

 

幅広の足の方が、狭く素材の硬いパンプスを履くと、左右からの圧迫感によって痛みを感じてしまいます。

 

インソールが硬い場合でも、地面からの衝撃が吸収されずに、ダイレクトに衝撃を受けることになるので足の裏にも違和感が出てしまいます。

パンプスを履くとすぐに足の裏が痛くなってしまう方は、つま先に1cmほどの余裕があるやわらかい素材のパンプスがオススメです。

 

ローヒールで、クッション性の高いパンプスなら、足裏の痛みの原因となる摩擦や衝撃を緩和することができます。

遠くにお出かけする際や、長時間パンプスを履いて歩き回らなければならない時は、やわらかい素材のクッション性のあるパンプスを選ぶようにしましょう。

 

 

痛くならないパンプスの4つの条件

 

ここからは、痛みの原因を元に、痛くならない履きやすいパンプスの選び方についてご紹介していきます。

痛くならないパンプスを選ぶときの条件は、以下の4つが挙げられます。

 

歩きやすさにそのまま反映されるポイントとして「かかとの中心にヒールがくる」

歩行時の痛みの緩和に繋がる「つま先、履き口、かかとのフィット感に着目する」

意外な落とし穴である「ラクに感じても大きい靴は選んではいけない」

フィットしやすさに繋がる「アウトソールがやわらかいパンプスを選ぶ」

 

この4つの条件に気を付けつつパンプスを選ぶことによって、自分の足の形にあう痛くなりにくいパンプスを絞り込むことができますよ。

相性のよいパンプスを選んで、快適なお出かけを楽しみましょう。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

Kesou|かかとの中心にヒールがくる

 

かかとの中心にヒールがくる

 

痛くなりにくいパンプスの選び方として重要なポイントは、ヒールの位置です。

まっすぐ立った際に、かかとのちょうど中心にヒールがきているとバランスよく体重がかかります。

体重をかける部分を意識しなくて良いので、足全体を使って歩くことができ、負担が分散されるので痛くなりにくいです。

また、高いヒールはパンプスの中で足が前に滑る傾向があります。

摩擦が起きて足の裏が痛む方や、つま先に負担がかかってマメができてしまう方も。

 

また、ヒールは細くなるほど安定感がなくなり、つま先立ちような重心のかけ方に変化していきます。

お仕事やお出かけで長時間パンプスを履く方は、太めで安定感のあるヒールのものを選ぶと快適に過ごせますよ。

 

Kesouは、パンプスを製造する際に歩きやすい履き心地とオシャレさの両方を考慮しています。

ローヒールになっていることから、かかと全体に体重が分散され、ハイヒールのようにかかとの位置を気にする必要がありません。

ハイヒールと比較してもバランスが取りやすく、スニーカーのような感覚で履くことができますよ。

 

 

Kesou|つま先、履き口、かかとのフィット感

 

つま先、履き口、かかとのフィット感

 

つま先や履き口、かかとのフィット感も重要なチェックポイントです。

どれかひとつでも欠けているパンプスは、その部分を庇いながら歩くことになるため負担がかかってしまいます。

できるだけ、全ての条件が揃っているパンプスを購入しましょう。

 

脱げたくないあまり、つま先がきついものを選んでしまうと歩いているうちに圧迫感が増して非常に強い痛みを感じることに。

試着の時に「このくらいなら我慢できる」と感じても、歩いているうちに足が前に滑ってつま先が圧迫され、耐えがたい痛みが発生してしまいます。

日常的につま先が圧迫されるとマメができるだけでなく、関節が歪んで外反母趾になる可能性も。

外反母趾になると、足の形にあうパンプスがさらに探しづらくなり、大好きなパンプスが履けなくなるという負の連鎖を生んでしまいます。

 

「サイズは丁度いいのに、つま先が痛い」と感じる方は先ほどご紹介した、つま先の形と相性の良いトゥデザインのパンプスを選んでみてくださいね。

親指が一番長く、小指にかけて緩やかに斜めの線を描くエジプト型はつま先が丸く緩い曲線を描くラウンドトゥやアーモンドトゥのものを。

人差し指が一番長く、指先がアーチを描くギリシャ型はポインテッドトゥなどの中央が長くなっているデザインを選びましょう。

そして指の長さが一直線のスクエア型は、同じくまっすぐな線を描くスクエアトゥがおすすめです。

 

足の甲の高さも人それぞれです。

甲高な方が薄いパンプスを履くと圧迫感があり、履き口に靴ずれが起きてしまいます。

甲が低めの方が深めのパンプスを履くと、安定感がないため足に力を入れて歩かなければなりません。

 

試着の際に数歩ほど歩いてみて、圧迫感や強い摩擦がなく、ピタッとフィットするパンプスを選びましょう。

 

かかとは、歩いた時に脱げずに隙間なくフィットしているかどうかを、歩いたりしゃがんだりして確認してください。

 

それぞれのフィット感を実現するには素材の柔軟さが重視されますが、Kesou Pumpsは非常にやわらかく、スニーカーのような履き心地です。

ニット編みになっており、どんな足にもフィットするように作られています。

一般的なパンプスよりも3割ほど軽く設計されているので、長く履いても痛くなりにくく、疲れにくいのが特徴です。

パンプスでありながら、走れる履きやすさを実現しているので、お仕事で長時間歩かなければならない方や、お出かけに履けるパンプスを探している方におすすめです。

 

 

Kesou|ラクに感じても大きい靴は選んではいけない

 

ラクに感じても大きい靴は選んではいけない

 

試着の際にラクに感じる大きめのパンプス、履いた瞬間のラクさだけに着目して選ぶのはNGです。

また、試着するタイミングは足が疲れて浮腫み始めた夕方ごろがベスト。

午前中の浮腫んでいない状態の足で試着して「ラクかも!」と感じて購入すると、いざ長時間履いたときに圧迫感から発生する激痛で耐えられなくなってしまう可能性があります。

浮腫んでいる状態の足を基準にすることで、痛みや圧迫感の発生率を減少させることができますよ。

 

靴屋さんで試着をした際に店員さんから「少しゆとりのあるサイズの方がおすすめです。」と言われた経験はありませんか?

「サイズが小さくて履けずに返品されるのが嫌」という考えや、「多少大きい方がラク」という間違った認識が広がっているため、ゆとりのある大きめのサイズを勧める方が多いようです。

しかしそのアドバイス通りに大きめのサイズを購入してしまうと、フィットするサイズのパンプスよりも足が痛む場合があります。

我慢して履き続けて足がマメや傷だらけになってしまうケースも。

我慢し続けると、表面的な傷だけでなく骨にも異常をきたす可能性があるので、大変危険です。

 

特にヒールの高いパンプスは、歩くたびに足が前方向にすべる傾向があり、つま先が圧迫されます。

土踏まずよりも前に重心がかかるので、中央からつま先にかけて痛みが発生しやすい状態に。

 

大きめのパンプスを長時間履いたことによって、足の裏が焼けるように痛くなった経験をした方も多いのではないでしょうか。

これは、フィットしていない分、足のすべる幅が大きくなってしまっていることが原因であると考えられます。

つま先立ちのような重心のかかり方になるのに対し、歩くたびに前にすべることから足裏や爪先への摩擦による負担が大きくなってしまいます。

一歩一歩進めるたびに痛みが襲うため、庇うように歩く癖がついてしまい、骨や関節の歪みに繋がる可能性も。

姿勢が悪くなってしまう原因になることからも、普段と同じ歩き方ができる安定感とフィット感のあるパンプスを選びましょう。

 

こういった足裏の摩擦による刺激を軽減するには、大きめのパンプスではなく、サイズがぴったり合っているものを選ぶことが重要です。

サイズがぴったりだと、足がすべる幅も狭まるので摩擦の軽減が期待できます。

フィット感のあるパンプスを履いても、まだ足が前にすべってつま先が圧迫されるという方は、すべり止めパッドを敷いたり、衝撃吸収パッドを土踏まずより前に貼ることで衝撃を和らげることが可能です。

 

Kesou Pumpsは甲の部分のカッティングにこだわり、きれいに見せつつ足の形状にぴったりフィットしやすい形状に作られています。

 

大きすぎず、圧迫感のないパンプスを探すのは至難の業ですが、Kesou Pumpsなら全16種類のサイズの中から自分の足にフィットするものを購入することができます。

パンプスを実際に履いてみて、大きすぎたり圧迫感がある場合は返品も可能です。

満足いくまでこだわって、自分だけの1足を手に入れるのもオススメですよ。

痛みのない快適なパンプスライフをめざしてみてくださいね。

 

 

 

Kesou|アウトソールがやわらかいパンプスを選ぶ

 

アウトソールがやわらかいパンプスを選ぶ

 

パンプスのアウトソールが硬いと、圧迫感を感じやすく、痛みが気になって長時間履いていられない方も多いと思います。

甲高の方がアウトソールの硬いパンプスを履くと、柔軟性がないことから履き口に強い圧迫感を感じてしまうことも。

パンプスの中で足がぎゅうぎゅうに圧迫され、靴ずれや摩擦による色素沈着が発生してしまいます。

 

アウトソールがやわらかく、パンプスが足の形に沿ってくれることで、十分なフィット感を得られ、長時間歩いても疲れにくく痛くなりにくいです。

 

Kesou Pumpsは、ペットボトルから再生された糸や天然ゴムを使用した素材を使用しており、足を優しく包み込んでくれるやわらかさが特徴。

パッドなどを使わずに、そのまま着用しても痛くなりにくいパンプスです。

 

足裏の摩擦やつま先の痛みによってパンプスを諦めてしまった方にも、一度試していただきたいスニーカーのような履き心地を実現しています。

 

気軽にお出かけに履いていけるほか、カジュアルからセミフォーマルなコーデに合わせることができるので、お仕事はもちろんお散歩デートにもオススメです。

 

 

Kesou|Kesouのパンプスが痛くない理由

 

Kesouのパンプスが痛くない理由(まとめ)

 

Kesou Pumpsは、見た目の美しさも重視して作られており、「歩きやすくて足がきれいに見える」「カジュアルでもセミフォーマルでも使いやすい」「やわらかくスニーカーのような履き心地」など、女性が描く理想的なパンプスとして注目を集めています。

 

きれいな見た目のためにハイヒールを履いて、靴ずれやマメなどの痛みを我慢してきた全ての方に試して欲しいパンプスです。

 

19.5cm〜27.0cmの全16サイズを展開しており、ほぼ100%の女性の足のサイズに対応しています。

「Kesou」では、注文をいただいてからパンプスをお作りしているので、欲しいサイズが売り切れていて購入できないということもありません。

 

硬いパンプスで足を痛めてしまった方でも、安心して履くことができるやわらかい素材を使用。

カジュアルからセミフォーマルまで、幅広いファッションに合わせることができますよ。

カラーも人気のブラックを始め、ホワイト、ネイビー、ベージュ、カーキなど全5種類の豊富なバリエーションから選ぶことが可能です。

 

せっかくのお出かけ中に足の痛みを気にするのは嫌ですよね。

相性の悪いパンプスを履いていて、歩き方や姿勢が悪くなってしまっている女性の方も多く見受けられます。

 

Kesou Pumpsは足への負担を軽減しており、長時間履いていても痛くなりにくいので、ぜひ一度心地よさを体感してみてください。

足を痛みから庇う必要がないので、自然ときれいな歩き方になり、姿勢もよくなります。

 

お仕事を頑張っている女性だけでなく、疲れが溜まりやすく足が浮腫みやすい育児中の女性にもおすすめです。

スニーカーのように気軽に履けるので、お子さまと一緒に公園で走り回ったり、靴ずれやカパカパ脱げそうになるのを気にせずにお散歩やお買い物を楽しむことができますよ。

 

ヒールの高いパンプスを履いて美しく魅せていても、パンプスの中は血が滲んだマメや擦り傷がたくさんある女性、たくさんいらっしゃいます。

足の痛みという我慢の上に成り立つ美しさを追い求めるのは、終わりにしませんか?

 

ラクに、気軽に。

疲れにくく、痛くなりにくいパンプスで、おしゃれ好きな全ての女性の夢を叶えます。

 

 

Kesou Pumpsを詳しく見る

Share